忍者ブログ

truffeblog

同人サークル「truffe」の徒然日記です。 イベント情報の告知と好きな作品の感想置き場です。

   

先月見たものの感想続き


GGXrdちょくちょくプレイ
どうもEGOの実です。

最近出かけた帰りにゲーセンによってプレイしたり。
とはいえこれが初めての格ゲーではなく
実はXX#Rからプレイしてました。
なので、最新作も当然プレイと。

……まぁ、AC+R稼動直後に1,2回プレイしたのを最後にそれ以降は
まったくしてなかったので感覚思い出すの大変でしたがw
サイクバーストの存在とかすっかり忘れてたよ!!


一応持ちキャラであるチップとミリアで
アーケード一通りクリア。
画像は準持ちキャラのミリアの別カラーバージョン。
記憶を頼りに再現してるので細部とか適当です(汗

今回はバトルよりもストーリーの方が気になるので
やりこみよりも他のキャラでのアーケードをクリア
するのが先決ですね。
次は誰にしよう。カイかな、やっぱり。


それはさておき今日は前回の宣言通り
先月見たアニメや特撮の感想でも書こうかと。

本当は昨日更新するはずでしたが、
できなくてすみませんでした(ペコリ)

相変わらずの駄文ですが
つづきはこちらからお読みいただけると
幸いです。



「機動新世紀ガンダムX」
4話まで視聴しました。
なんでガンダムXかと言うと某関西弁のビルダーの影響……
ではなく、ガンダムWを借りようとしたところ
すでに借りられてたのでなし崩し的にガンダムXにしたという
見も蓋もない理由(えっ
でも借りて正解でした。
戦争が終わった後の地球で
いまだに争いが繰り広げられる世界が気に入りました。
まだ4話までなのでこれくらいしかいえなくてごめんなさい。

世代的にはガンダムWを見てたはずなのに、
覚えてないのでいつかガンダムWも見ようかと思います。


「仮面ライダー鎧武」
最新話まで視聴。
コメディが滑ってるのだけは残念ですが
お話の方は面白いのでよし。

今回でユグドラシルの目的と、
内部での力関係が示されましたね。
メロンさん、素直過ぎますよ。
剣のダディとかを思い出すぜ!

一方で戒斗さんは相変わらずの主人公級の立ち回り。
嘘で塗り固められた
偽りの平和だと一蹴するところとか大好き。

さて話が進むにつれて話の中心へと関わっていった
主人公である紘汰さん。

当初シナリオライターさんが
途中主人公は好かれない行動をすると話してたので
秘密を知った主人公がこのまま闘うことを放棄するのかなー
っと思ってましたが次回予告を見る限りそんな感じはしないので
よかったです。

むしろ敵側に衆愚(笑)と一蹴された人々を信じて
ユグドラシルと闘うとかになるのかなー。それだとすっごく楽しみ。

……最後デビルマンみたいにならなければいいのですけど。
守ろうとしていたビートライダーズのメンバーが
人々に襲われるとか……

後は謎のヒロインと舞がどういう関係にあるのか
非常に気になりますね。
続きが楽しみです。

「仮面ライダー電王」
最初からクライマックスとかいーじゃん!いーじゃん!スゲーじゃん!で有名なアレです。
ようやく見始めました。
後は響を見ればクウガからフォーゼまでは
平成ライダーはフルコンプ。
途中で止めてしまった某魔法使いは見るかどうか不明です。

こちらは8話まで視聴。
怪人同士がしゃべるのがとても楽しいです。

最後に敵が巨大化して巨大メカで対抗って
キバとかウィザードでも出てましたけど、
平成ライダーではこれが最初だったのね。
電車運転したらライダーじゃないよ!という突っ込みは止めておきましょう。
某太陽の子は車も運転しましたし。

キバではおざなりだったタイムスリップを
ちゃんと扱ってるので安心。
過去を変えてはいけないとお達しがあるにも関わらず
おせっかいを焼く主人公。
後半痛い目見なければいいんだけどね。なにかありそう。

それとお姉さんの失われた記憶が重要テーマの一つなのかな?
というかニャル子さんで出てきた戦闘BGMって
これが元ネタだったのね…


「仮面ライダーオーズ」
アンクロストが出た辺りから見直しました。
放送中に全話見ましたが後半をもう一回見たくなったので。

脚本家は電王と同じ小林さん。
……そういえば龍騎もそうでしたが、
この人望みとか願いとかをテーマにしてるのかな?


今回見て気付いたんですけど、
これかなりライダーを意識してたんだなーって。
というかクウガ、かな?
古代に封印されていたものが復活したり、
主人公が異形になっていくことに対することとか。


どちらも強くなればなるほど自分を傷つけてしまうわけですが、
クウガでは強くなりたくないのに強くならざるを得なかったのに対し
オーズでは異形にはなりたくない。だけど強くならないといけないってわけですし。

戦いが終わったあと旅に出るってのもね。
ただそのときの主人公の状態は逆ですが。
クウガだとTV版と小説版で展開が違いますが、
個人的には小説版が正しい感じだと思うのでそちらを
基準にして話しますが。

そう考えるとオーズがクウガみたいにならなかった最大の違いは
アンクがいたからなんだなと。
というか、アンクがある意味ベルトなんだなと。

クウガもオーズも主人公はどちらも周りを優先するわけですが、
クウガだとそれをとめずにベルトが呼応してしまうのに対し、
オーズはむしろ止めに行った。
アンクの願いを優先させた結果主人公は
自分を壊さずにすんだって。

ヒーローが周りを助けるのなら
周りもヒーローを助ける必要があるってのをちゃんと
やり通したのがオーズですが
オーズの場合そこに主人公と同じ
敵側のアウトサイダーがいたってのがポイントじゃないかなと。

だからこれはそういう存在がいなかった、
正真正銘独りで闘った五代君が救われる話なのかなーっと
思いながら見てました。


余談ですがラスボスが博士なのは
放送当時はびっくりしてましたが
よくよく考えたら、初代でも死神博士とか出てきましたし
ある意味当然と言えば当然。
って、これはクウガと関係ないですねw


以上すっごく長くなりましたがここまでお付き合いいただいて
ありがとうございました。
またちょくちょく更新していきたいと思います。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
EGOの実
HP:
性別:
男性
自己紹介:
白黒大好き、カラー苦手な二次元怪獣。べっかんこう先生の絵をこよなく愛する「べっかん好きー」の一人。昔の特撮やアニメを見るのが最近のお気に入り
連絡先:truffe■hotmail.co.jp(■は@に変更してください)

pixiv

応援中!

『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- truffeblog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]